企業行動指針
2012年12月1日

日本エンジニアリング(NEK)の役員および社員は、「企業理念」の実現に向けたあらゆる企業活動の実践において、以下の「行動指針」を遵守する。

 

経営トップは自ら率先垂範の上、社内への周知徹底と実効ある体制整備を行い、企業倫理の徹底を図るとともに、取引先にもこれを促す。

 

本行動指針に反する事態には、経営トップ自らが解決にあたり再発防止に努める。また、社内外への迅速かつ的確な情報公開を行い、権限と責任を明確にした上で厳正な処分を行う。

 

企業理念

 

NEKはコンサルタントとしての自覚をもって、社会資本整備の一翼を担い、豊かな人間環境づくりに貢献します。
私たちは社会と顧客の信頼を築き、自らの生きがいと幸せを実現する場として、活力に満ちて前進する会社をめざします。

 

行動指針

 

1. 顧客のニーズに誠実に応え、明日につながる仕事をする。
優れた技術に基づいたサービスの提供に努めるとともに、個人情報・顧客情報の 保護に十分配慮し、お客様から高い評価と信頼を得る。
2. 業務を通して心と技を磨き、企業市民として成長する。
良き企業市民として、地域社会との連携と協調を図り、積極的な社会貢献に努める。
3. コミュニケーションを良くし、信頼と知恵を育てる。
株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションを図り、企業情報について、 地域社会への積極的な情報公開に努める。
4. 働きがいのある職場環境をつくる。
従業員にとって魅力に富み、安全で働きがいのある職場を提供する。
5. 法令を遵守する。
法令を遵守し、公正で自由な競争に心がけ、適法な事業活動を行うとともに、 健全な商慣習に則り、誠実に行動する。