地域志向CSRマネジメント
1.目的

 

当社が地域志向CSRマネジメントを行う目的は、事業を通して、各種の地域貢献を含む社会的責任を果たすことにより、社会からの信頼を得ること、それにより、社員の事業へのモチベーションを高め、さらなる企業の発展に資することにある。

 

そのために、別途設定した中期目的・短期目標を経営者、従業員が一丸となって達成する。なお、CSRマネジメントを行う目的を具体的に以下に示す。

 

1 法令違反など社会の期待に反する行為によって、事業継続が困難になることの回避
2 会社の評判、知名度、ブランドの向上(地域NO.1コンサルタント)
3 社員の採用・定着、士気向上、健全な労使関係への効果
4 社外ステークホルダー(顧客、取引先、銀行、地域社会等)との関係向上
5 事業の安定による資金調達の円滑化

 

 

2.方針

 

当社は、地域志向CSRマネジメントを行なうに当たって、下記6原則を方針とする。

 

1 説明責任
組織の活動により外部に与える影響を説明する。
2 透明性
組織の意思決定や活動の透明性を保つ。
3 倫理的な行動
公平性や誠実であることなど倫理観に基づいて行動する。
4 利害の尊重
様々なステークホルダーへ配慮して対応する。
5 法令の遵守
法令を尊重し、遵守する。
6 人権の尊重
重要かつ普遍的である人権を尊重する。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA